荒牧りんご園様とお付き合いをさせていただいて何年になるだろう…?
りんごのことなど何も分からず、品種もこんなにあるの?と聞きますと、これはほんの僅かとのこと驚きました。

母の生家が長野県であるため、りんごの木は知っていました。が、荒牧りんご園様はクリスマスツリーのように背が高いんです(スレンダースピンドルって言うんですよ。)
とても、誰もが簡単に手が届く範囲に実っている訳ではありません。
りんご狩りの様子を見ていますと、勇気のある方は長い脚立を使って取ろうとされています。(少しでも赤くて美味しそうなりんごが食べたいのですから当たり前。でも落下には十分に注意してくださいね。)
りんごの木の背の高さにも理由があって「陽の光がりんごの1個1個にの当たるようにしているから」だそうです。
言われてみれば理に適っているのでしょうが、収穫までには大変な作業があるようです。
収穫後の枝の剪定は、今年だけでなく、来年・再来年を見越して選定されているようです。
摘花(摘花とは…りんごの花は、芽から5~6つが放射状にまとまって咲き、最初に咲く中心部の花を『中心花』。 この中心花を残して側花は摘みとります。 全部の花が実になると一つ一つの実が大きくならず、良いりんごができないためです。)
この摘花に何度かお手伝い?をさせていただきましたが、目の眩むような作業は大変でした。その他、肥料散布、草刈り…等々、書ききれないくらいの作業の連続のようです。
荒牧りんご園様の「りんごへの思いやりは、お客様への思いやり。」も頷けます。
りんご栽培は、10年育てて来て10年同じように出来たことは一度も無いそうです。なぜなら「10年の間に天気・気候が同じでは無いから」だそうです。 騒がれている地球温暖化も肌で実感されているようです。

*昨年夏、新たな試みとして「植物性乳酸菌入りジュース/LABFUL(ラブフル)が発売されました。
・りんご・ぶどう・なし の3種類。ぜひ店頭でお求め下さい。

りんごジュースに至っては「あいかの香り」がお奨めです。今まで陽光はやや酸味が感じられて好きだったのですが、あいかの香りの登場で、私の気持ちはスッカリあいかの香りに持って行かれました。ゴメン陽光…。




【管理人】
若く見られますが消して若くはありません。
昨秋、サイトを新たに作成段階でも時間ばかりかかって、りんご収穫のシーズンに入ってしまいました。
他のサイトに比べたら見劣りしているHPと十分に承知しております…。
その他、パンフレット、ジュースラベル、のぼり旗など色々なお仕事を頂戴しております
りんごジュースラベルのイラストは植物画家:長谷川哲雄さんの作です。


岐阜県生まれ
1970年頃、中津川フォークジャンボリーが開催されました。
*実際は、恵那郡坂下町での開催でしたね。
母は長野県北安曇小谷村
長野オリンピックが開催された白馬村に8年を過ごし(お店の販売員<お酒の配達やら、休憩中にはスキー三昧。シーズンオフは田植え・稲刈り…etc> つつ青春を謳歌)
長野オリンピック・ジャンプ競技は日本中が興奮のルツボでしたが、私は「あの場所は、田植え・稲刈りをした場所だ〜」と何故か別な感慨に耽っておりましたね。白馬時代は色々なことがありましたが、こともあろうに神隠し?に遭い、気づいたら栃木県にいました。暫くして結婚もして一児の父に…。
現在、縁あって荒牧りんご園様の拙いHPを触らせていただいております。

上記の航空写真は1996年撮影。白馬岳〜五竜岳を狙って撮影しました。
*1枚のFILMに収めたのは世界初?だと思います。現在はデジカメで分割撮影後、合体合成のものもありますね。
案内パネルなど色々な場面で使用していただいております。
tamagoya所有(別の角度から、五竜岳〜白馬岳を望む> 







flower a1d1d2a4a5a6nyusankin
a7a8a9a10a11a12a13